第8回ミュージックサミット出演者決定!

トラックバック(0) コメント(0)
GttH

Profile
Welcome to the hell !!

Official HP
http://k.fc2.com/hp.cgi/gtth

MySpace
http://www.myspace.com/gtth666

★☆★

もも

Profile
ギターと出会って早1ヶ月......よろしくお願いします。

★☆★

Ark Master

Profile
2000年、Taishi(Gt)を中心にShirley Templeが結成される。Taishiは情緒的で直感的なメロディアスなギターラインを得意とする。初期においては編成は流動的であったが、2002年以降は安定したラインナップを保っていた。しかし、2005年にメンバーが突如脱退し、ツアーには代役として急遽超絶技巧派ベーシストのToru(Ba)が一時的に加入(後に正式加入)する。

2006年に広い声域を持つヴォーカリストの是空が加入し、メロディアスで整合性を重視する傾向が強まった。以降、この音楽性を基本路線としている。2008年には、精密でエネルギッシュで、グルーヴ感を強調するプレイで知られるWataru(Dr)、イングヴェイ・マルムスティーンスタイルの速弾きを得意とする元メンバーの Katsuya(g)が加入することで、ツインリード・5人編成となり、Ark Masterと改名して方舟伝説の第二章が始まった。

Official HP
http://www.arkmaster.com/

★☆★

concert

Profile
2007年から都内ライヴハウスで活動を始める。
音楽に限らず、さまざまな表現に挑戦しているバンド。

2008年には1st mini album『ゼミナール』を発売。

MySpace
http://www.myspace.com/concerthole

★☆★

クシュケ

Profile
『チャーリーゴードン』の住む世界。
または彼の音楽に何らかの共鳴してくれた人達と創る音楽スタイル。

チャーリーゴードン(ぬいぐるみ)ととある雑貨屋で偶然であった僕がこの世界の法則を追い求める旅の軌跡。
痛み、憂い、そして希望。その全てをまぜこぜにして。再生と停止を繰り返しながら一匹と一人の織り成す物語は終わらない。

2008年、ソロ活動開始。2009年、クシュケ誕生。
神奈川、東京を中心に活動中。

Official HP
http://charlygordonschar.myhome.cx/

★☆★

Artificial Sound Factory

Profile
2008年に元Radiant VoyageのメンバーであるYU-HEIとAKITOにより結成。

「破壊と創造」をテーマにし、EWIとGuitarという編成でRockをやるという今までになかった発想で音楽シーンに新たな風を巻き起こすべく活動中。

MySpace
http://www.myspace.com/artificialsoundfactory

★☆★

KHAVUARL

Profile
「psyuche(サイケ)」は元々ギリシア語がルーツである。ギリシャ語においては同じ綴りで「プシュケー」と読み 英語と同じように「魂」を表す。また更には「蝶」をも意味する。
 
古代から魂の象徴として蝶は表現される。ギリシャ神話ではpsycheは、「愛」を支えるのは見ることでも確かめることでもなく、相手を信じる「心」である、と恋人たちにささやく役目を担うと言われる。ギリシャ神話に纏わる詳細は割愛するが蝶には死者の魂を乗せていると言われる所以である。
 
さて、言語は違うものの同じ「蝶」を意味する名前を名乗る「KHAVUARL(ハヴール)」にもその音楽を耳にすれば同じような役割が使命付けられているように感じられる。「KHAVUARL」とは鹿児島県に属する小さな島、徳之島の方言「ハヴル」が元である。バンドを名を検討していた当時、FuyukiのHPは蝶が溢れていたところから徳之島出身の知人が提言してくれたそうだ。そして語学が堪能な知人にスペリングのアイディアを幾つか出してもらった中から選ばれたのが「KHAVUARL」である。「国籍不明風の綴りが良い」と、読み難いというリスクを承知の上選んだ。オープニングで演奏されることの多い「雨乞い」の歌詞の「全ての命に分け隔てなく無償の愛を惜しみなく降り注げ」という一節からも伺える彼ららしいエピソードでもある。
 
「KHAVUARL」は現在Vocalの「sen(セン)」とPiano,Drumsの「Fuyuki(フユキ)」の二人。その音楽はどこまでも儚く美しく、清らかな心に降り積もる日々の穢れを流れ落とす強いエネルギーを有しているようだ。

Official HP
http://sound.jp/khavuarl/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第8回ミュージックサミット出演者決定!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.music-summit.com/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする